メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

渡り鳥の生態に影響 ドローン調査にガイドライン

ドローンから撮影したオオハクチョウの群れ=栗原市で、県伊豆沼・内沼環境保全財団提供

 ドローンを使ってガン・カモ類の調査をするためのガイドラインを、宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団(同県栗原市)が作った。3越冬期にわたる調査を基に、鳥が逃避行動を取らないようなドローンとの距離をまとめた。鳥の生態に影響を与えないためのドローン運用マニュアルの作成は初めてで、今後、活用が期待されるという。【山田研】

 作成したのは、同財団の嶋田哲郎・総括研究員や北海道、東京都の渡り鳥研究グループ。2016年から、多くのマガンやハクチョウなどが飛来するラムサール条約登録湿地の、伊豆沼・内沼(同市など)や宮島沼(北海道美唄市)などで実際に小型ドローンを飛ばして上空から搭載カメラで撮影し、データを集めた。

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文994文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  5. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです