メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

渡り鳥の生態に影響 ドローン調査にガイドライン

ドローンから撮影したオオハクチョウの群れ=栗原市で、県伊豆沼・内沼環境保全財団提供

 ドローンを使ってガン・カモ類の調査をするためのガイドラインを、宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団(同県栗原市)が作った。3越冬期にわたる調査を基に、鳥が逃避行動を取らないようなドローンとの距離をまとめた。鳥の生態に影響を与えないためのドローン運用マニュアルの作成は初めてで、今後、活用が期待されるという。【山田研】

 作成したのは、同財団の嶋田哲郎・総括研究員や北海道、東京都の渡り鳥研究グループ。2016年から、多…

この記事は有料記事です。

残り788文字(全文994文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. 携帯大手3社、値下げ肩すかし 楽天参入遅れで

  4. 「風評被害になりかねない」 菅官房長官、韓国のIAEAでの非難に反論

  5. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです