メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認知度悩む「おおいた和牛」 豊後牛の最上級 「知っている」関西3%、関東5%

肉付きの良い県産和牛「おおいた和牛」(大分県提供)

 脂がのって味の良さに定評がある和牛「豊後牛」。その歴史は100年以上と言われ、品評会でも高い評価を得てきた。大分県は昨年から豊後牛でも最上級の牛肉を「おおいた和牛」と名付けてブランド化を図る。だが、その知名度は今ひとつ。今秋のラグビー・ワールドカップ(W杯)を機に県は世界進出をと意気込むが、22日の定例会見で広瀬勝貞知事も「評判は良い。どうやって旅行客に口にしてもらえるかが課題だ」と頭を悩ませた。【田畠広景】

 県によると、豊後牛は1918年に県が審査基準を設定し、改良を進めていった。近年では県内の玖珠牛(玖…

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文816文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  5. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです