メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

泉佐野がふるさと納税除外の対応策検討 ノウハウ提供と地場産品を組み合わせ

大阪府泉佐野市の千代松大耕市長=2019年2月27日、立野将弘撮影

 過度な返礼品競争をもたらしたとして、6月のふるさと納税新制度から除外される大阪府泉佐野市が、府内の他の自治体に、運営ノウハウの提供と、同市の地場産品をその自治体の返礼品として扱ってもらうことを組み合わせた「除外対策」を検討していることが判明した。市によると除外によって約250億円の経済的損失が予想されるといい、今後、府との協議など制度設計を進める。

 財政難の泉佐野市は、航空会社のポイントを返礼品にするなどのアイデアで2017年度の寄付金が日本一の…

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 半グレ集団「モロッコ」幹部を風営法と労基法違反容疑で逮捕 深夜に少女働かせた疑い 大阪府警

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです