メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幻冬舎が実売部数暴露ツイートを謝罪 見城社長「僕の傲慢と怠慢が引き起こした」

見城徹社長が本の実売部数を公表したことについて23日に公開された「お詫(わ)び」=幻冬舎ホームページから

 幻冬舎の見城徹社長が作家、津原泰水さん(54)の単行本の実売部数をツイッター上に公表した問題で、幻冬舎は23日、公式ホームページで「出版社として、作家の信頼性を著しく損なう言動であり、社長はじめ、社員一同、深く反省しております」として津原さんに謝罪した。【大村健一、待鳥航志/統合デジタル取材センター】

 謝罪は「お詫(わ)び」と題し、見城社長と「社員一同」の連名で公開された。冒頭に「今、僕のツイッターが騒動を起こしています。これはひとえに僕の傲慢と僕の怠慢が引き起こしたものだと思っております」との見城社長のコメントを引用。これは19日に放送されたインターネットテレビAbemaTVの番組で見城社長が述べた言葉という。

 実売部数の公表について「出版社内で留めておくべき内部情報を、見城が独断で公にしてしまったことに対して弁解の余地はありません」と説明し、「今後、作家のみなさま、読者のみなさまに対し誠意を尽くして、信頼を回復していけるよう鋭意努めて参る所存です」と締めくくっている。

 津原さんは毎日新聞の取材に対し「まだ謝罪文を読んだばかりでなんとも言えないところもあるが、私の名前も入れて全面的な謝罪をしてくれた。そもそも幻冬舎の社員の方々に含むところは何もない。社長が企業を背負ってSNSで発信するならば、その影響力を鑑みる必要があるということを示した件だったと思う」と話した。

 他方、幻冬舎の「お詫び」では、同社が出版した作家、百田尚樹さんの著書「日本国紀」への批判を津原さんにやめるよう働きかけていたことについては触れられていない。津原さんは「私はそもそも一読者として、剽窃(ひょうせつ)に関して(『日本国紀』を)批判してきた。そうした本を出版したモラルに関する謝罪しか求めていない。私への謝罪は別にいらないが、読者に対してしっかり謝罪してほしい」と話した。

 見城社長は同社から刊行予定だった津原さんの文庫本の出版が取りやめになった問題をめぐり、16日に津原さんが同社から出版した本の実売部数をツイッターで公表。作家や編集関係者から批判されてツイートを削除し、20日に今後のツイートをやめる意思を表明していた。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  2. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  3. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  4. 「通学バス、給食の手配が間に合わない」休校や短縮授業の学校も 拳銃強奪
  5. 「おとなしくて真面目な印象。トラブルや苦情ない」東京の容疑者自宅マンション管理人 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです