メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「僧形神像」は15世紀前半のものと判明 山形・米沢の大南遺跡

大南遺跡から出土した僧形神像=米沢市教育委員会提供

 山形大は23日、山形県米沢市浅川の大南(おおみなみ)遺跡から2017年度の発掘調査で出土した「僧形(そうぎょう)神像」について、その制作年代を測定した結果、15世紀前半のものと判明したと発表した。米沢市教育委員会が発掘調査し、山形大に測定を委託していた。

 僧形神像から採取した木片を、同大の高感度加速器質量分析装置を用いて放射性炭素年代法により測定したところ、制作時期が95・4%の確率で1421~56年とほぼ特定できたという。担当した門叶(とかない)冬樹教授(文化財科学)は「遺跡にあった建物の柱や井戸の枠に使われた…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文650文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ容疑者、医療関係者に謝意 「こんなに優しくしてもらったことなかった」

  2. 米国で白人警官が黒人男性の首押さえ死亡 差別への抗議活動が過激化

  3. 黒人男性死亡で米政権「解明を最優先事項」 トランプ氏、動画は「衝撃的」

  4. 「中国はWHOを支配」トランプ氏脱退表明 香港優遇も見直し、米中対立激化へ

  5. 白人警官を殺人容疑で逮捕 米黒人拘束死事件 人種差別への抗議デモ続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです