メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

羽生九段が最多勝利タイ1433勝 故大山康晴十五世名人に並ぶ

羽生善治九段=和田大典撮影

 将棋の羽生善治九段(48)が23日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた王位戦リーグで谷川浩司九段(57)に94手で勝って1433勝(590敗2持将棋)とし、故大山康晴十五世名人の歴代最多勝利記録に並んだ。羽生はプロ入り33年5カ月で、48歳7カ月での達成は大山十五世名人の69歳3カ月を大幅に上回るスピード記録となった。30日の竜王戦ランキング戦1組3位決定戦、木村一基九段(45)との対局で新記録達成を目指す。

 23日までの対局数は2025。谷川と最も多く対戦し、うちタイトル戦で22回対戦するなどタイトルを巡…

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文785文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 九州北部・山口、観測史上最も遅い梅雨入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです