メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大分市が整備「祝祭広場」は商標権侵害? 阪急の登録を知りませんでした

整備が進む大分駅前の「(仮称)祝祭の広場」=大分市府内町1で2019年5月23日午後2時24分、白川徹撮影

 大分市がJR大分駅前に整備中の広場「祝祭広場」の名称が、商標権を侵害するおそれがあるとして使用に待ったがかかっている。同じ名称を「阪急阪神百貨店」(大阪市)が商標登録し、催事場で使っているためだ。阪急側は無断使用は認められないと昨年3月に使用中止を申し入れた。このため、市は平仮名の「の」を入れて「祝祭の広場」と名称を変更することで解決を図ろうとしている。

 市は大分駅前の大型商業施設跡地に市民が集う広場を整備しており、9月にオープンする予定。広場開設のアドバイザーを務める建築家の磯崎新さんが「祝祭的なものが広場をつくり出す」と提言したことから、市は2017年12月ごろから名称を「祝祭広場」として広報してきた。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  4. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです