メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大分市が整備「祝祭広場」は商標権侵害? 阪急の登録を知りませんでした

整備が進む大分駅前の「(仮称)祝祭の広場」=大分市府内町1で2019年5月23日午後2時24分、白川徹撮影

 大分市がJR大分駅前に整備中の広場「祝祭広場」の名称が、商標権を侵害するおそれがあるとして使用に待ったがかかっている。同じ名称を「阪急阪神百貨店」(大阪市)が商標登録し、催事場で使っているためだ。阪急側は無断使用は認められないと昨年3月に使用中止を申し入れた。このため、市は平仮名の「の」を入れて「祝祭の広場」と名称を変更することで解決を図ろうとしている。

 市は大分駅前の大型商業施設跡地に市民が集う広場を整備しており、9月にオープンする予定。広場開設のアドバイザーを務める建築家の磯崎新さんが「祝祭的なものが広場をつくり出す」と提言したことから、市は2017年12月ごろから名称を「祝祭広場」として広報してきた。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 特集ワイド れいわ・山本氏、強気姿勢から現実路線に? インディーズ魂のままで 結党1年余、リーダーの顔に

  4. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです