メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

幻冬舎社長「部数さらし」なぜここまで批判されたか 「社員一同」で謝罪した背景

見城徹社長が本の実売部数を公表したことについて23日に公開された「お詫(わ)び」=幻冬舎ホームページから

 幻冬舎の見城徹社長が作家、津原泰水さん(54)の単行本の実売部数をツイッター上に公表した問題で、幻冬舎は23日、公式ホームページで「社長はじめ、社員一同、深く反省しております」として津原さんに謝罪した。作家らから厳しい批判が相次いだことが背景にあるが、そもそもなぜ、見城社長の行為は問題視されたのか。【待鳥航志、大村健一】

 謝罪は「お詫(わ)び」と題し、見城社長と「社員一同」の連名で公開された。冒頭に「今、僕のツイッターが騒動を起こしています。これはひとえに僕の傲慢と僕の怠慢が引き起こしたものだと思っております」との見城社長のコメントを引用。19日に放送のインターネットテレビAbemaTVの番組で述べた言葉だという。

 実売部数の公表については「出版社内で留めておくべき内部情報を、見城が独断で公にしてしまったことに対して弁解の余地はありません」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文846文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  2. 結核集団感染、東大阪で発生 市が発表 /大阪

  3. 東京都、新たな感染者243人 過去最多を更新 新型コロナ

  4. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  5. 女子生徒にわいせつ行為、トイレに落書き「すけべやろう」 教諭ら懲戒処分 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです