メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング、五輪の階級数再検討へ 特別部会座長「選手の意向聞く」

 東京五輪で存続が決まったボクシングの運営の主体となる国際オリンピック委員会(IOC)特別作業部会の座長に選ばれた渡辺守成委員は23日、東京都内で取材に応じ、「選手を守る、選手のやりやすい環境を作るのが責務」と述べた。

 IOCなどによると、作業部会では6月末までに男子8、女子5の階級を男女平等の観点…

この記事は有料記事です。

残り161文字(全文311文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  5. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです