メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麗しの島から

台湾総統選への出馬を狙う「第三極」勢力

 来年1月にある台湾の総統選で、柯文哲・台北市長(59)=無所属=の動向が注目されている。柯氏は、与党・民進党と最大野党・国民党の2大政党に不満を持つ有権者の受け皿となり、高い人気を維持する。20日に発表された大手紙の世論調査では、「台湾で最も人気のある政治家」と言われてきた国民党の韓国瑜・高雄市長(61)を支持率で上回った。柯氏は地盤が弱い中部や南部での活動を活発化させ、出馬の準備を着々と進める。3月に訪米し、5月23日からは日本を訪問。台湾の政界で重視される日米両国との関係作りにも乗り出した。柯氏の人物像や政策を探った。

この記事は有料記事です。

残り3097文字(全文3362文字)

福岡静哉

台北特派員。1978年和歌山県生まれ。2001年入社。久留米支局、鹿児島支局、政治部などを経て2017年4月、台北に赴任した。香港、マカオのニュースもカバーする。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです