メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麗しの島から

台湾総統選への出馬を狙う「第三極」勢力

 来年1月にある台湾の総統選で、柯文哲・台北市長(59)=無所属=の動向が注目されている。柯氏は、与党・民進党と最大野党・国民党の2大政党に不満を持つ有権者の受け皿となり、高い人気を維持する。20日に発表された大手紙の世論調査では、「台湾で最も人気のある政治家」と言われてきた国民党の韓国瑜・高雄市長(61)を支持率で上回った。柯氏は地盤が弱い中部や南部での活動を活発化させ、出馬の準備を着々と進める。3月に訪米し、5月23日からは日本を訪問。台湾の政界で重視される日米両国との関係作りにも乗り出した。柯氏の人物像や政策を探った。

この記事は有料記事です。

残り3097文字(全文3362文字)

福岡静哉

台北特派員。1978年和歌山県生まれ。2001年入社。久留米支局、鹿児島支局、政治部などを経て2017年4月、台北に赴任した。香港、マカオのニュースもカバーする。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小刻みに震える子猫 殺処分に立ち会った おおいた動物愛護センター

  2. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

  3. クックパッドニュース お肉がほろほろ美味に!“舞茸パワー”で絶品おかず

  4. 米、日本への渡航警戒レベル引き上げ 新型コロナ感染拡大で 不要不急の旅行延期検討呼びかけ

  5. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです