メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

話題のスカイアクティブXは秋に登場! アクセラの後継モデルMAZDA3がついに日本で発売開始

情報提供:カートップ

話題のスカイアクティブXは秋に登場! アクセラの後継モデルMAZDA3がついに日本で発売開始

セダンとハッチバックで表情の異なるシルエットに

 昨年11月にロサンゼルス自動車ショーで世界初公開され、日本でも今年2月の大阪オートメッセ2019に展示されて以降、大きな注目を集めている新型「マツダ3」。その国内仕様が5月24日、ついに発売された!

 東京都内で行われた発表会では、まず丸本 明 代表取締役社長兼CEOが登壇。2020年に100周年という節目を迎える、けっして大きくないマツダが、次の100年に向けて行っていくことは、人と共に創るマツダの独自性を打ち出していくことだと説明。そしてそうした考え方、人間中心の開発哲学に基づいて生み出されたクルマこそがマツダ3であるとコメントした。

MAZDA3

 続いて開発主査の別府耕太さんが車両を説明。マツダ3は自分が自分らしくいられるクルマであり、心にゆとりが持てるクルマであると話した。初心者から熟練ドライバーまで自然と運転を楽しむことができ、また乗員すべての心と体に余裕が生まれ、乗るひとの毎日を鮮やかに彩ることができるクルマだという。

MAZDA3

 3代続いた日本名「アクセラ」あらため「マツダ3」となるこの新型が、単にアクセラのフルモデルチェンジに留まらず、マツダ車全体のデザイン、プラットフォーム、パワートレインの世代交代を意味することは、過去にも幾度となく報じられているので、読者の皆さんもご存じのことだろう。

MAZDA3

 その核となるのが、新世代の「魂動デザイン」と「スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー」、そしてSPCCI(火花点火制御圧縮着火)ガソリンエンジン「スカイアクティブX」だ。

MAZDA3

 新世代「魂動デザイン」は、日本の伝統的な美意識「引き算の美学」に基づいて不要な要素を削ぎ落とし、シンプルかつ立体的で滑らかな面構成を与えることで、繊細な光の移ろいによって豊かな生命観と上品な美しさを表現する、というもの。

 新型マツダ3では、「凜とした伸びやかさ」をテーマとした4ドア「セダン」に伝統的な水平基調の3ボックスフォルムを採用しつつ、サイドパネルの前後方向にキャラクターラインを通すことによって、伸びやかかつ優雅なフォルムを形成。

MAZDA3

 一方「スポーツ」改め「ファストバック」となった5ドアハッチバックは、「色気のある塊」をテーマとして「引き算の美学」をより徹底しており、ボディサイドにキャラクターラインを設けることなく立体的かつ滑らかな面を与えることで、繊細な光の移ろいを表現している。

MAZDA3

 この新型マツダ3のエクステリアは写真や展示会場で見ても充分以上に優雅だが、走行中に光や景色の映り込みがボディの曲面に沿って艶めかしく変化するその様子は、まさにため息が出るほどの美しさだ。

 インテリアもこの「引き算の美学」に基づいて構築されており、マイナーチェンジ後のアテンザよりも一層シンプルかつ洗練された水平基調のデザインに進化。さらに、スイッチ類やメーター、エアコン吹出口などをドライバー中心に左右対称かつ正対するよう配置しつつ、視覚的ノイズとなる要素を極力減らすよう細部にまで工夫を凝らしている。

MAZDA3

情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「僕たちの未来がなくなる」 気候変動対策強化求め若者ら東京・渋谷でデモ 

  4. 日本、ロシア破り開幕戦制す 松島快走3トライ 2大会連続白星発進 ラグビーW杯

  5. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです