メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

ツウでも唸るレアなモデル! 乗れたら幸運な中古限定車4選

情報提供:カートップ

ツウでも唸るレアなモデル! 乗れたら幸運な中古限定車4選

実車を見たことがないという人も多いはず

 すでに販売が終了してしまったモデルは中古車で探すしかないが、そのなかでもとくに希少価値が高いのが特別仕様車や限定車といったものだ。期限限定だったり台数限定だったりと欲しくても手に入れることができなかった人も含め、中古車で狙うライバルが多い車種と言えるだろう。今回は、そんな中古でしか狙えない特別仕様車、限定車を独断と偏見でご紹介したい。

1)マツダ・ユーノス・ロードスター M2 1028

 M2と言えばBMWのハイパフォーマンスバージョンを思い浮かべる人が多いだろうが、90年代に同名のマツダ車の商品企画を事業目的とした会社が存在していたのである。そのM2が手掛けたモデルは複数台あるが、そのなかでも高い人気を誇るのが94年に300台限定でリリースされたM2 1028である。

限定車

 徹底的に軽量化がなされたボディに幌は装備されず、純正品よりも軽量化がなされたハードトップのみ。10点式のロールケージが備わったシャシーに加えエンジンも手が入り、専用のカムシャフト、ピストン、エキゾーストマニホールド、エアクリーナーなどへ変更がなされており、走りに特化した限定車として非常に高い人気をキープしているのだ。

2)トヨタ・コンフォートGT-Z

 タクシーや教習車として使われる4ドアセダンのコンフォートをベースに、TRDが2003年に限定で販売したのが、コンフォートGT-Zだ。ベースの直列4気筒2000ccの3S-FE型エンジンにスーパーチャージャーをドッキングし、専用サスペンションやブレーキ、エアロパーツなどを装着したモデルだった。

限定車

 80年代のスポーティセダンをイメージした(おそらくAA63カリーナ辺り)同車は、ワタナベの8スポークアルミやエアダム付きチンスポ、3連の追加メーター(オプション)など、当時を知る人であれば感涙のアイテムを装備、用意していた。限定60台とごく限られた台数のみの販売だったのが非常に惜しまれる1台である。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです