メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

e-POWERとプロパイロット効果で止まらぬ勢い! 日産は巨人トヨタに勝てるのか?

情報提供:カートップ

e-POWERとプロパイロット効果で止まらぬ勢い! 日産は巨人トヨタに勝てるのか?

全体の販売台数では約4倍の開きがある

 2018年度の国内販売において、日産ノートが13万1760台で登録車トップに立ったことを覚えているでしょうか。日産車としては1968年度のブルーバード以来50年ぶりのトップということでも話題を集めました。そのノートが人気を博している理由は、ワンペダルドライブが新鮮で、街乗り燃費にも優れる電動パワートレイン「e-POWER」にあるのは疑う余地のないところ。同じくe-POWERを搭載したミニバン、セレナも2018年度では約10万台と好調に売れています。

販売台数

 この勢いをもってすれば、国内販売において日産がトップに立つことはありえるのでしょうか。言わずもがな、日本国内での販売トップは156万9566台(軽自動車含む)のトヨタです。軽自動車を含む数字でいうと、ホンダ(74万8678台)、スズキ(72万5110台)が続き、日産は59万6087台で4位となります。

 つまり、日産はトップを狙う前に抜くべき相手がまだまだいるわけです。ただし軽自動車を除いた登録車だけの販売実績でいうと日産は2位となります。

2018年度 日本国内登録車販売ランキングTOP3

1 トヨタ:153万2319台
2 日産:41万1991台
3 ホンダ:37万5879台
※数字は各社の速報値より

 それでも、ダブルスコアどころかトヨタは日産の4倍に近い数字になっています。いくらノートやセレナといった単独車種では互角以上の争いをしていても、全体としては「トヨタを抜く日はくるのか」という疑問に対しては、ひと言で「あり得ない」といえるほどの差があるのです。

販売台数

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです