メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

天皇陛下、限定本に寄稿 あふれる「御料車」への思い

 「文は人なり」とはよくぞ言ったものだ。天皇陛下は即位後、初めてのおことばで「日本国及び日本国民統合の象徴としての責務を果たす」と誓われたが、ここに至るまでの心境は決して穏やかではなかったようだ。即位直前の今春、旧華族家の手元に届いた限定本に特別寄稿された文面には、歴史をかがみに「令和」の時代を国民と共に歩んでゆく覚悟の一端がにじみ出ていた。【中澤雄大】

 「霞会館の御料車(ごりょうしゃ)の本に、皇太子さま(当時)が寄稿されている」。旧華族家関係の書籍を長年手掛けた旧知の編集者が教えてくれたのは2月下旬だった。ここで言う「御料車」とは、皇室が使う自動車のことだ。即位を間近に控える中、歴史の研究者でもある方がどのような思いを込めて書いたのか、がぜん興味が湧いた。

この記事は有料記事です。

残り3154文字(全文3487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  2. 特集ワイド コロナショック 正確な現状分析なき「宣言」 元厚労相・前都知事、舛添要一氏

  3. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  4. 学生に「バイト来るな」 大学に「住所教えろ」 クラスター発生の京産大へ差別相次ぐ

  5. 緊急事態 愛知、京都などの追加 菅長官「現時点で評価に至らず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです