メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・この1本

嵐電 夢と現実、垣根するっと

 映画史をひもとくまでもなく、活劇からメロドラマまで“列車”は古くから魅力的な被写体であり続けてきた。歴史ある街並みと一体化した路面電車ならなおさら。「私は猫ストーカー」などの鈴木卓爾監督が、京都市の四条大宮、嵐山、北野白梅町を結ぶ京福電鉄嵐山線、通称“嵐電(らんでん)”を撮った生粋の電車映画だ。

 嵐電の不思議な逸話を集めようとする作家(井浦新)、映画撮影所に弁当を配達する若い女性(大西礼芳(あやか))、電車を8ミリカメラで撮影するのに夢中な少年(石田健太)。彼らを主人公にした男女3組の淡い恋物語が展開する。

 よくある観光映画でも、ご当地映画でもない。深夜、固定カメラで駅のホームから踏切を捉えた冒頭から、な…

この記事は有料記事です。

残り1079文字(全文1386文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  2. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  3. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  4. 「通学バス、給食の手配が間に合わない」休校や短縮授業の学校も 拳銃強奪
  5. 「おとなしくて真面目な印象。トラブルや苦情ない」東京の容疑者自宅マンション管理人 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです