特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

待ってろ東京

陸上長距離 田中希実(19) 志高く、駆ける「我が道」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
女子1万メートルで力走する田中希実=大阪市のヤンマースタジアム長居で2019年5月19日、久保玲撮影
女子1万メートルで力走する田中希実=大阪市のヤンマースタジアム長居で2019年5月19日、久保玲撮影

 陸上女子長距離界のホープの一人である田中希実(19)=豊田自動織機TC=は、昨年はU20(20歳未満)世界選手権3000メートルで金メダルを獲得し、今春はアジア選手権(ドーハ)にも出場した。今秋のドーハ世界選手権、来年の東京五輪でも代表の座を狙う。

 強豪・西脇工高(兵庫)でも全国高校駅伝に「花の1区」で3年連続出場。昨春に卒業し、現在は異色のスタイルを貫く。高卒のトップ選手の多くが大学か実業団の陸上部に所属する中、豊田自動織機のサポートを受けたクラブチームで活動する。実業団や大学では駅伝の結果も求められるが、「トラックもすごく大事にしたい部分があった。自分のペースで取り組める活動がしたかった」と話す。

 同志社大スポーツ健康科学部でスポーツバイオメカニクスや心理学に励む一方、「酸素供給やエネルギーの使い方に興味がある」と、将来は効率よく走るための知識や理論も学びたいという。

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文774文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集