山岳遭難救助訓練

山菜シーズン本格化 鹿角のスキー場で実施 /秋田

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
滑落し足を骨折した負傷者を背負って救出する訓練=秋田県鹿角市で
滑落し足を骨折した負傷者を背負って救出する訓練=秋田県鹿角市で

 山菜採りシーズンの本格化を受け、鹿角市の花輪スキー場で23日、山岳遭難救助訓練があった。県警や消防、猟友会など関係機関から約40人が参加し、遭難事故に備えた。

 同市の十和田高原地区では2016年、タケノコ採りの4人がクマに襲われ死亡しており、市遭難対策委員会(会長、阿部一弘副市長)が一昨年から訓練…

この記事は有料記事です。

残り151文字(全文301文字)

あわせて読みたい

注目の特集