メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

講演

NASAの元宇宙飛行士 「夢持つことが大切」 茨城中生ら500人前に 水戸 /茨城

講演後、花束を受け取ったマクブライドさん(中央)

 茨城中学校(水戸市八幡町)は23日、生徒たちに自然科学への関心を高めてもらうため、米航空宇宙局(NASA)の元宇宙飛行士、ジョン・マクブライドさん(75)の講演会を市内で開いた。会場に詰めかけた全校生徒ら約500人に、マクブライドさんは「夢を持つことの大切さ」を訴え、盛んな拍手を浴びていた。

 1984年にスペースシャトル「チャレンジャー」に搭乗し、宇宙空間で8日間の任務を果たした実績を持つマクブライドさん。宇宙飛行士を志したのは中学生の時で、強い憧れから家の地下でロケットの模型を作り、夢を育んだという。

 当時は軍人出身の宇宙飛行士が多く、軍隊に入り、まずはパイロットとしての腕を磨いた。しかし、宇宙への…

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文727文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. ORICON NEWS ヒゲダン・藤原聡、一般女性との結婚報告「気持ちを新たに人生を歩む」

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 夢は人工臓器開発 ベルギーの9歳、オランダ名門大卒業へ

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです