メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チベット写真展

渡辺一枝さん、きょうから神楽坂で /東京

チベットの人々の暮らしを撮った写真パネルと渡辺一枝さん=新宿区矢来町で

 チベットに通い続ける作家、渡辺一枝(いちえ)さん(74)の写真展「ツァンパで朝食を」が24日~6月2日、新宿区矢来町の「神楽坂セッションハウス」で開かれる。かつて秘境といわれたチベットだが、鉄道敷設などで近代化が進み、遊牧民がスマートフォンを持つようになった。渡辺さんは「経済のグローバル化で大きく変化しているが、変わらないものもある。チベット文化の一端を見てほしい」と話す。

 渡辺さんが初めてチベットを訪れたのは1987年、団体旅行だった。以後、年に1~3回訪れ、滞在日数は延べ3~4年に上るという。馬に乗って移動しながら遊牧民らと交流したこともあり、「消されゆくチベット」(集英社新書)などの著書にまとめた。

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文537文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 保健師団体、感染症法改正に反対声明 「罰則は症状隠す行動につながる」と懸念

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです