メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメンタリー映画

「主戦場」 デザキ監督、「慰安婦」それぞれの主張 「議論のスタートに」 上越で上映中 /新潟

上映後、舞台あいさつするデザキ監督(左)=新潟県上越市で

 日系米国人のミキ・デザキ監督(36)が、旧日本軍の従軍慰安婦問題を巡る論争を追ったドキュメンタリー映画「主戦場」が上越市の映画館「高田世界館」で上映されている。デザキ監督がこのほど同館を訪れ「この映画で両陣営の意見を聞いて、自分自身の結論を出してほしいと思うとともに、家族や友人と話すことでタブーにしないでほしい」と舞台あいさつした。

 デザキ監督はフロリダ州で育ち、2007年から5年間、外国人指導助手(ALT)として山梨県や沖縄県の…

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文810文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 太陽の塔、20日から光のイベント 8月25日まで
  5. 一瞬で真っ黒…京アニ火災 「爆燃」「フラッシュオーバー」との見方

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです