メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

第74期本因坊戦 第2局 河野九段が2勝目 大盤解説にぎわう ファン300人、対局見守る 甲府 /山梨

山梨県立文学館で行われた大盤解説会=甲府市で

 囲碁の第74期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社・日本棋院・関西棋院主催、大和証券グループ協賛)第2局は23日、河野臨九段が本因坊文裕=井山裕太九段=との激闘を制し、2勝目を挙げた。会場の県立文学館では多くの囲碁ファンがプロ棋士による大盤解説を聞きながら対局の行方を見守った。

 大盤解説には甲府市出身の内田修平七段や、甲田明子四段らが登壇。文学館の講堂に駆け付けた囲碁ファンら約300人を前に初手から解説し、人工知能(AI)を使った最近の傾向や、対局の中で勝敗を分けた一手など…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文595文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  2. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです