メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊訴訟 「旧法で権利奪われた」 追加提訴の女性が陳述 地裁 /兵庫

閉廷後の報告集会で裁判への思いを語る原告の鈴木由美さん=神戸市内で、望月靖祥撮影

 旧優生保護法(1948~96年)下で中絶と不妊手術を強制されたとして、聴覚障害がある県内在住の2夫婦が起こした国家賠償請求訴訟の第3回口頭弁論が23日、神戸地裁(小池明善裁判長)であった。2月に追加提訴した脳性まひで手足が不自由な鈴木由美さん(63)=神戸市=の審理も併合され、鈴木さんは「旧法によって当たり前にあるはずの権利を奪われた」と意見陳述した。

 鈴木さんは生まれながらに両手足が動かず、12歳のころに医師や親から説明を受けないまま不妊手術を受け…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文580文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 夜の表参道そぞろ歩き マクロン仏大統領夫妻
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです