メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なくそう心の段差

身体障害者補助(盲導・介助・聴導)犬法17年 東京でほじょ犬の日、啓発シンポ /兵庫

学生ボランティアによる聞き取りで地震発生を想定した課題に取り組む視覚障害者の男性=東京都千代田区の参議院議員会館で、川畑さおり撮影

災害時、支援得るには? 普段から地域と信頼関係を

 超党派の国会議員でつくる「身体障害者補助犬を推進する議員の会」(会長・尾辻秀久参院議員)主催の「『ほじょ犬の日』啓発シンポジウム」が23日、東京都内で開かれ、補助犬使用者や育成団体ら約120人が参加した。昨年の西日本豪雨や大阪北部地震などを踏まえた、具体的な災害時の支援手段を考えてもらうワークショップと講演を通じ、専門家が補助犬使用者に対して普段から地域の人と信頼関係を作っておくことの必要性を訴えた。【川畑さおり】

 「補助犬ユーザーと防災」をテーマに国立障害者リハビリテーションセンター研究所の北村弥生さんが、マグニチュード8・0の地震が発生したとの想定で課題に取り組むワークショップを実施。参加者は質問用紙に沿って避難場所や自宅の備蓄品などを書き込んだ。

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文936文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです