メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「こはく」 「長崎の魅力を日本中に」 監督、知事表敬 /長崎

中村知事を表敬訪問した横尾監督(左)と塩田さん

 オール長崎ロケで撮影した映画「こはく」を製作した佐世保市出身の映画監督、横尾初喜さん(40)が23日、映画公開を前に、中村法道知事を表敬訪問し作品をPRした。出演した女優の塩田みうさん(20)も同行した。

 「こはく」は長崎市、佐世保市、大村市、川棚町で撮影され、全国公開(7月6日)に先駆け、来月21日から県内で上映される。

 映画は、横尾監督の幼少期の体験を元に創作されたストーリー。借金をつくって行方が分からなくなった父親を探す兄弟を軸に話が展開し、弟役を俳優の井浦新さん、その兄役をお笑い芸人「アキラ100%」こと大橋彰さんが演じる

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文462文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 首相、全国の緊急事態宣言解除を発表 「世界的に厳しい基準をクリアした」

  3. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

  4. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

  5. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです