メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神代三山陵

日本遺産に 来年認定目指し申請へ 薩摩川内、鹿屋、霧島、南さつまの4市合同準備会が発足 /鹿児島

ニニギノミコトの墓所とされる薩摩川内市の可愛山陵の入り口付近

 神武天皇(初代天皇)の曽祖父ニニギノミコトの墓所とされる鹿児島県薩摩川内市の「可愛(えの)山陵(さんりょう)」など県内に残る記紀神話ゆかりの「神代(かみよ)三山陵」を日本遺産にしようと、薩摩川内、鹿屋、霧島、南さつまの4市が官民合同準備会を発足した。【降旗英峰】

 日本遺産は文化庁が各地域の文化財群と歴史ストーリーを認定して観光振興などに生かす取り組み。2015年度に始まり、これまでに46道府県の83件が認定された。

 鹿児島県では今月20日に「薩摩の武士が生きた町~武家屋敷群『麓(ふもと)』を歩く」(出水市など)が…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです