メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
令和時代の日米

/下 「蜜月」の裏、綱引き激化 米、対中貿易で余裕なし 日、トランプ流圧力に苦慮

 令和最初の国賓として訪日するトランプ米大統領。日米蜜月の演出の裏側で、国益をかけた綱引きは激しさを増している。

 「農業で日本はTPP(環太平洋パートナーシップ協定)以上の条件は出せない」「米国にとって自動車はセンシティブだ」。21日にワシントンで開かれた日米通商交渉の事務レベル協議。両国の交渉担当者は、互いの立場をぶつけあった。結果は「互いに開きがある」(交渉担当者)ことの確認に終わった。

 「米国第一」を掲げて就任したトランプ氏は、就任以来中国や日本などの対米貿易黒字国に強硬に不均衡是正…

この記事は有料記事です。

残り1921文字(全文2168文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです