メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

令和の皇室外交=西川恵

 <kin-gon>

 あすトランプ米大統領夫妻が国賓で来日し、令和の皇室外交がスタートする。令和と平成の皇室外交はスタートからして異なる。

 平成の皇室外交は1989年2月24日、昭和天皇の「大喪の礼」での弔問外交でスタートした。世界164カ国の元首、王族、首脳級の弔問使節が参列。現在の上皇、上皇后である新天皇、皇后は「大喪の礼」の前後に、すべての使節とご会見(外国元首との会談)とご引見(元首以外の王族、副大統領・首相等の使節と会うこと)を行った。

 外務次官として現場を指揮した故村田良平氏は「各国代表の中には、両陛下の式場での堂々たるお振舞い、特に雨中自ら傘をさしながら毅然(きぜん)として起立しておられたことに深い敬意を覚えたと述べると共に、いかなる国をも差別することなく全弔問使節にお声をかけるための時間を割いてくださったことに衷心より感謝していると述べる者が少なくなかった」と、その著書「回顧する日本外交」で書いている。

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文1021文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. クルーズ船で厚労省が検査ミス 23人、健康観察期間中の感染調べず 症状はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです