メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

令和の皇室外交=西川恵

 <kin-gon>

 あすトランプ米大統領夫妻が国賓で来日し、令和の皇室外交がスタートする。令和と平成の皇室外交はスタートからして異なる。

 平成の皇室外交は1989年2月24日、昭和天皇の「大喪の礼」での弔問外交でスタートした。世界164カ国の元首、王族、首脳級の弔問使節が参列。現在の上皇、上皇后である新天皇、皇后は「大喪の礼」の前後に、すべての使節とご会見(外国元首との会談)とご引見(元首以外の王族、副大統領・首相等の使節と会うこと)を行った。

 外務次官として現場を指揮した故村田良平氏は「各国代表の中には、両陛下の式場での堂々たるお振舞い、特…

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文1021文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 公取委ジャニーズ注意 テレビ局と芸能事務所の不均衡な関係にくさび

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです