メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

戦没者遺骨、進まぬ特定 DNA鑑定、条件厳しく

 戦没者の遺骨の収容を推進するため、厚生労働省が米国防総省と協力する覚書を交わした。収容を「国の責務」と位置づけた議員立法から3年。23日に開かれた有識者による検討会議では、伸び悩む収骨数や身元判明件数などが報告され、自衛隊の活用やDNA鑑定の体制強化など、課題が浮き彫りになった。【熊谷豪、栗原俊雄】

 「あせりと途方に暮れる気持ちが常にある」。メンバーとして検討会議に出席した日本戦没者遺骨収集推進協会の竹之下和雄専務理事は、法律の期待に応えられない現状をそう語った。

この記事は有料記事です。

残り2157文字(全文2392文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです