メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

「幻の科学技術立国」連載を終えて 過度の「選択と集中」転換を=須田桃子(東京科学環境部)

筑波大では、予算不足で耐震化が済んでいなかった連絡通路の屋根が崩落。けが人はなかった。屋根はその後、撤去された=茨城県つくば市で2017年12月11日、大場あい撮影

 かねて指摘される「日本の科学技術の研究力低下」の実態と背景に迫ろうと、この1年あまり、同僚とともに科学面に企画「幻の科学技術立国」を連載した。大学や企業の研究者を訪ね、政策の歴史をたどり、躍進する中国など海外の状況も取り上げた。計30回の連載を終えた今、知の源泉である大学の疲弊を顧みず、効果の見えない「選択と集中」路線をさらに強めようとする政府と産業界の姿勢に強い危惧を抱いている。

この記事は有料記事です。

残り1841文字(全文2034文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  3. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  4. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  5. ピエール瀧被告に判決 懲役1年6月、執行猶予3年 麻薬取締法違反で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです