メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

「幻の科学技術立国」連載を終えて 過度の「選択と集中」転換を=須田桃子(東京科学環境部)

筑波大では、予算不足で耐震化が済んでいなかった連絡通路の屋根が崩落。けが人はなかった。屋根はその後、撤去された=茨城県つくば市で2017年12月11日、大場あい撮影

 かねて指摘される「日本の科学技術の研究力低下」の実態と背景に迫ろうと、この1年あまり、同僚とともに科学面に企画「幻の科学技術立国」を連載した。大学や企業の研究者を訪ね、政策の歴史をたどり、躍進する中国など海外の状況も取り上げた。計30回の連載を終えた今、知の源泉である大学の疲弊を顧みず、効果の見えない「選択と集中」路線をさらに強めようとする政府と産業界の姿勢に強い危惧を抱いている。

この記事は有料記事です。

残り1841文字(全文2034文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 首相答弁、15項目10分 野党不満噴出 参院代表質問

  3. 第75回毎日映画コンクール 大賞「MOTHERマザー」 優秀賞「アンダードッグ」

  4. 余録 退任間近の大統領…

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです