セブン&アイHD

「時短」社長陳謝 対応遅れ株価下落 株主総会

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
頭を下げる社員に迎えられ、総会の会場に入っていく株主たち=東京都千代田区で2019年5月23日、本橋敦子撮影
頭を下げる社員に迎えられ、総会の会場に入っていく株主たち=東京都千代田区で2019年5月23日、本橋敦子撮影

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)は23日、東京都内の本社で定時株主総会を開いた。コンビニエンスストアの24時間営業見直しなどを巡り、株主から混乱の早期収拾の要請や株価下落に対する責任を問う声が上がり、井阪隆一社長は「経営トップとして反省している」と陳謝した。

 総会で井阪社長は、今年3月から一部店舗で実施している営業時間短縮の実験に触れ、「お客様のニーズを満たしながら営業時間短縮が成立するか確認している。新しい価値観に変えていくチャンスだ」と理解を求めた。こ…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文587文字)

あわせて読みたい

注目の特集