メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

幻冬舎、追い込まれ謝罪 「実売」暴露、信頼ほご 発行部数で印税、作家支えた歴史

見城徹社長

 <access>

 幻冬舎の見城徹社長が作家、津原泰水さん(54)の単行本の実売部数をツイッター上に公表した問題で、幻冬舎は23日、公式ホームページで「社長はじめ、社員一同、深く反省しております」として津原さんに謝罪した。作家らから厳しい批判が相次いだことが背景にあるが、そもそもなぜ、見城社長の行為は問題視されたのか。【待鳥航志、大村健一】

 謝罪は「お詫(わ)び」と題し、見城社長と「社員一同」の連名で公開された。冒頭に「今、僕のツイッターが騒動を起こしています。これはひとえに僕の傲慢と僕の怠慢が引き起こしたものだと思っております」との見城社長のコメントを引用。19日に放送のインターネットテレビAbemaTVの番組で述べた言葉だという。

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文834文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いきものと生きる バッタ 海を渡る=五箇公一

  2. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  3. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  4. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです