メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

幻冬舎、追い込まれ謝罪 「実売」暴露、信頼ほご 発行部数で印税、作家支えた歴史

見城徹社長

 <access>

 幻冬舎の見城徹社長が作家、津原泰水さん(54)の単行本の実売部数をツイッター上に公表した問題で、幻冬舎は23日、公式ホームページで「社長はじめ、社員一同、深く反省しております」として津原さんに謝罪した。作家らから厳しい批判が相次いだことが背景にあるが、そもそもなぜ、見城社長の行為は問題視されたのか。【待鳥航志、大村健一】

 謝罪は「お詫(わ)び」と題し、見城社長と「社員一同」の連名で公開された。冒頭に「今、僕のツイッター…

この記事は有料記事です。

残り613文字(全文834文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 京王線、小田急多摩線が一時運転見合わせ 沿線で火災
  3. 京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪 第1スタジオ、18日朝はセキュリティー解除
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです