メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

2019春/4 平和主義、捨てるのか 朝長万左男さん(75)

安保関連法違憲訴訟の口頭弁論後、意見書に込めた思いを原告の被爆者らに説明する朝長万左男さん=長崎市桜町で

 <時代が変わっても documentary report 249>

 今月20日、日赤長崎原爆病院名誉院長の朝長万左男さん(75)の姿は、長崎地裁の法廷にあった。集団的自衛権の行使を認める安全保障関連法は違憲として、被爆者らが国に損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論。原告側は証人申請のため朝長さんら3人の意見書を提出した。「この国は戦争犠牲者に対するおわび、戦後復興への感謝を伝える前に、平和主義をかなぐり捨てようとしている」。朝長さんの書面には痛烈な言葉が並んでいた。

 医師として、被爆者として、核を巡る問題に関わってきた朝長さんだが、安全保障や憲法を問う司法の場に臨…

この記事は有料記事です。

残り872文字(全文1155文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  2. 大麻所持 容疑で愛知の少年逮捕 岐阜中署 /岐阜
  3. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  5. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです