メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

2019春/4 平和主義、捨てるのか 朝長万左男さん(75)

安保関連法違憲訴訟の口頭弁論後、意見書に込めた思いを原告の被爆者らに説明する朝長万左男さん=長崎市桜町で

 <時代が変わっても documentary report 249>

 今月20日、日赤長崎原爆病院名誉院長の朝長万左男さん(75)の姿は、長崎地裁の法廷にあった。集団的自衛権の行使を認める安全保障関連法は違憲として、被爆者らが国に損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論。原告側は証人申請のため朝長さんら3人の意見書を提出した。「この国は戦争犠牲者に対するおわび、戦後復興への感謝を伝える前に、平和主義をかなぐり捨てようとしている」。朝長さんの書面には痛烈な言葉が並んでいた。

 医師として、被爆者として、核を巡る問題に関わってきた朝長さんだが、安全保障や憲法を問う司法の場に臨…

この記事は有料記事です。

残り872文字(全文1155文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです