メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸・小学生連続殺傷

22年 被害者支援続ける 遺族、元少年の手紙「求めたい」

 神戸市須磨区で1997年に起きた小学生連続殺傷事件で、小学6年だった土師(はせ)淳さん(当時11歳)が殺害されて22年となる24日を前に、父守さん(63)が報道各社に手記を寄せた。昨年6月に「全国犯罪被害者の会」(あすの会)は解散したが、関西の元会員有志でつくった「犯罪被害者の会」(つなぐ会)に参加しており、「今後も被害者問題の改善に向けて可能な範囲で活動を続けたい」と決意をつづった。

 手記では、加害者の元少年(36)から今年も手紙が届いていないことについて、「なぜ命が奪われなければいけなかったのか、真の解答を求め続けている。自らが犯した残忍な犯罪に向き合う必要がある」と指摘。その手段として手紙が重要だとして、「今後も諦めずに求め続けたい」と記した。

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文883文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍前首相本人に任意聴取を要請 「桜を見る会」前夜祭 東京地検特捜部

  2. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  3. ホンダ11年ぶり3回目の優勝 NTT東日本降す 都市対抗

  4. 大阪モデル赤信号点灯 吉村知事「医療非常事態宣言」 重症病床使用率66%

  5. 政府、イージス艦導入へ詰めの協議 陸上配備の代替策 2隻建造に絞り込み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです