メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
くらしナビ・ライフスタイル

認知症ケア講習 小中学校も

介護施設で利用者を相手にユマニチュードの実習をする旭川医科大の学生(左)=北海道旭川市で1月

 フランス生まれの「ユマニチュード」という認知症ケアの技法を介護や看護の現場以外でも取り入れる動きが広がっている。市民や小中学校の生徒、救急隊員向けに講習会を開く自治体が出てきたほか、必修科目にした医大も。認知症がある人とのコミュニケーションを円滑に進めるためにあらゆる人に使ってもらい、当事者や家族が生きやすい環境をつくる狙いだ。

この記事は有料記事です。

残り951文字(全文1117文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 後輩球児の全力プレーに「熱男」も声援 中京学院大中京OBのソフトバンク松田

  4. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  5. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです