メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

認知症ケア講習 小中学校も

介護施設で利用者を相手にユマニチュードの実習をする旭川医科大の学生(左)=北海道旭川市で1月

 フランス生まれの「ユマニチュード」という認知症ケアの技法を介護や看護の現場以外でも取り入れる動きが広がっている。市民や小中学校の生徒、救急隊員向けに講習会を開く自治体が出てきたほか、必修科目にした医大も。認知症がある人とのコミュニケーションを円滑に進めるためにあらゆる人に使ってもらい、当事者や家族が生きやすい環境をつくる狙いだ。

この記事は有料記事です。

残り951文字(全文1117文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に津波注意報
  2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  3. 防災なるほドリ 帰れなくなったらどうしたらいいの?=回答・金森崇之
  4. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  5. 震源は「新潟-神戸ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです