メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

認知症ケア講習 小中学校も

介護施設で利用者を相手にユマニチュードの実習をする旭川医科大の学生(左)=北海道旭川市で1月

 フランス生まれの「ユマニチュード」という認知症ケアの技法を介護や看護の現場以外でも取り入れる動きが広がっている。市民や小中学校の生徒、救急隊員向けに講習会を開く自治体が出てきたほか、必修科目にした医大も。認知症がある人とのコミュニケーションを円滑に進めるためにあらゆる人に使ってもらい、当事者や家族が生きやすい環境をつくる狙いだ。

この記事は有料記事です。

残り951文字(全文1117文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 下船後に新型コロナ陽性続出「事後対応強化している」 菅官房長官会見詳報

  4. 中国、日本に新型コロナの検査キット提供 「ウイルスとの戦いに国境はない」

  5. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです