メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

栃ノ心、また不覚 朝乃山2敗目

明生(左)に寄り切りで敗れる栃ノ心=東京・両国国技館で2019年5月23日、宮武祐希撮影

 大相撲夏場所12日目は23日、東京・両国国技館で行われ、横綱・鶴竜は竜電を退け、2敗を守った。1敗で優勝争いの単独トップだった朝乃山は玉鷲の突き押しになすすべなく2敗目を喫し、鶴竜に並ばれた。

 大関復帰まであと1勝の関脇・栃ノ心は明生に寄り切られ、2連敗で9勝3敗。大関陣は、豪栄道が宝富士を攻め切って勝ち越しを決めたが、高安は阿炎に敗れて5敗目。

 大関復帰を目指す栃ノ心が、またも足踏みだ。2桁の白星に、あと一つと迫ってからの連敗。この日は初顔の明生に敗れ、支度部屋の風呂場では大声を上げて悔しがった。

 仕切り線から下がって手をついた23歳の新鋭に立ち合いで呼吸が合わなかった。立っても当たり負けして得意の左上手が取れず、逆にけんか四つの相手に左四つを許して後退。苦し紛れの突き落としにもついてこられて土俵を割ると、放心したように宙を見つめた。

この記事は有料記事です。

残り885文字(全文1259文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです