第90回都市対抗野球

2次予選 東京 JR東日本・渡辺、攻守で躍動

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【セガサミー-JR東日本】三回表JR東日本2死一塁、渡辺和哉が中越え2ランを放つ
【セガサミー-JR東日本】三回表JR東日本2死一塁、渡辺和哉が中越え2ランを放つ

 (2次予選・23日)

 JR東日本の5番・捕手の渡辺が攻守で持ち味を発揮した。打っては三回に中越え2ラン。扇の要としても若手投手の良さを引き出し「勝ててよかった」と笑みをこぼした。1点リードの三回2死一塁で迎えた第2打席。ファウルで粘って6球目、高めの直球を強振した。「球を捉えられ、風にも乗った」と貴重な追加点を喜んだ。

 守りでは、太田、西田の高卒3年目右腕を支えた。昨年の本大会で若獅子賞(新人賞)に輝いた先発・太田も初戦のマウンドに緊張の色を隠せない。それでも巧みなリードで五回途中3失点にまとめた。救援した西田の制球力を生かして、七回以降はいずれも3者凡退に抑えた。

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文576文字)

あわせて読みたい