丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者の前で北方領土をめぐる自身の発言などを説明する丸山穂高衆院議員=国会内で2019年5月20日午前9時56分、佐々木順一撮影
記者の前で北方領土をめぐる自身の発言などを説明する丸山穂高衆院議員=国会内で2019年5月20日午前9時56分、佐々木順一撮影

 衆院議院運営委員会は24日午前、国会内で理事会を開いた。北方領土を戦争で奪還する趣旨の発言をした丸山穂高衆院議員(35)=大阪19区=に弁明を求める予定だったが、丸山氏は「体調不良」を理由に欠席。丸山氏からは「2カ月の休養が必要」とする23日付の医師の診断書が提出された。病名は公表していない。

 今後、高市早苗衆院議運委員長と与野党筆頭理事の少数で聴取が可能…

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文451文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集