メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン、米との仲介に期待 安倍首相が訪問検討 中東の緊張緩和を目指す

 安倍晋三首相のイラン訪問が実現した場合、イランにとっては米国をけん制する意味で重要な「外交成果」となる。トランプ米政権による制裁が続き、イラン国内は「対米強硬派と穏健派の路線対立が深刻化している」(エジプトの中東情勢専門家モハメド・ハイリ氏)のが現状だ。こうした中、イラン指導部は国内の動揺を抑える意味でも、国際社会がイランを支持しているとの印象を内外に示し、米国の主要同盟国である日本とのパイプを強調する狙いがあるとみられる。【篠田航一(カイロ)、秋山信一】

 トランプ政権が核合意維持を求める欧州諸国の説得に耳を貸さない状況下、イランが日本に求めるのは米国と…

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1158文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. ORICON NEWS AAA西島隆弘が千葉県で復興支援 物資の搬送や写真撮影にも応じる

  4. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  5. 水川あさみさんと窪田正孝さんが結婚「にぎやかで面白い家庭を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです