メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水しぶきが気持ちよい! ルリカケスが水浴び 奄美大島の山中で

水浴びの前に水面をのぞき込むルリカケス=鹿児島県・奄美大島で2019年5月22日14時56分、神田和明撮影

 鹿児島県・奄美大島の山中で、国の天然記念物で県鳥でもある野鳥ルリカケスが気持ちよさそうに水浴びをする姿が度々目撃され、観光客の目を引きつけている。

 ルリカケスは奄美の固有種で他に加計呂麻(かけろま)島、請(うけ)島にも生息する。体長は35センチほど。頭部や羽などが美しい青紫色で「ギャー、ギャー」と鳴く。

 同県龍郷町の奄美自然観察の森は、絶好の観察ポイント。山中の池に警戒するように近づいたルリカケスは、降り立った岩の上からじっと水面を眺めた後に水に入ると、羽を2、3度ばたつかせ、水しぶきを上げた。飛び立って近くの木の枝で羽づくろいをする様子も愛らしい。

 森の自然観察指導員を務める川畑力さんは「静かに待っていると比較的よく現れます。ただ、いつ来るかは分かりません」と笑顔で観察の秘訣(ひけつ)を伝授する。【神田和明】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  2. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 第90回都市対抗野球 「忘れ物、取りに行く」 三菱重神戸・高砂、神戸市長に意気込み /兵庫
  5. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです