メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タツノオトシゴは新種「ヒメタツ」だった 水俣の海で尾崎たまきさんが出産撮影 さかなクンもギョギョ

ハートのような形になって卵を受け渡すヒメタツ=尾崎たまきさん撮影

 熊本・水俣の海を漂う「タツノオトシゴ」は、なんと新種だった――。20年以上水俣の海に潜り、撮影を続ける水中写真家の尾崎たまきさん(48)が、3年かけて新種「ヒメタツ」が出産する様子の撮影に成功した。メスがオスに卵を受け渡したり出産したりする一瞬をとらえ、22日に写真集「フシギなさかな ヒメタツのひみつ」(新日本出版)を出版した。撮影を重ねるにつれ、謎に包まれた生態が徐々に明らかになった。当初はタツノオトシゴだと思われていたが、新種だったことも分かった。そのきっかけは、尾崎さんと一緒に水俣に潜ったさかなクンだった。【中嶋真希】

 尾崎さんが初めて水俣の海に潜ったのは1995年だった。有機水銀の影響でストップしていた市場向けの漁が再開されるのはその2年後で、当時はまだ水俣湾の外に魚が出ないようにするための仕切り網がかかっていた。地元の人も海からは離れていたという。潜り始めて間もないころからタツノオトシゴを見かけ、10センチほどと小さい体でのんびりとたゆたう姿に愛らしさを感じていた。

この記事は有料記事です。

残り1553文字(全文1998文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 四国銀行vs初陣ハナマウイ 第5日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗野球

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  4. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです