メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和フィーバー考

改元より重い「平成の断絶」… 東工大・北村匡平准教授

平成後期から令和にかけて続く時代をメディアや文化的背景から分析する北村匡平准教授=東京都目黒区で2019年5月16日、塩田彩撮影

 「天皇という個人史に時代区分が対応するはずがない。元号は、時代を政治的、暴力的にひとくくりにしてしまう記号となる危険性をはらんでいます」。そう語るのは東京工業大大学院のリベラルアーツ研究教育院で映像文化論やメディア論を教える北村匡平准教授(37)だ。北村さんは「令和になったからといって時代が変わったわけではない。むしろ、平成後期にあたる2000年代後半に『断絶』と呼べる時代の転換点があった」と指摘する。昭和後期に生まれ、平成に育った新進気鋭の映像文化研究者が見た「平成の断絶」とは何か。私たちが生きる「断絶後の時代」は、どのような社会なのか。【塩田彩/統合デジタル取材センター】

 「新しい時代の幕開け」「ハッピーニュー令和!」。元号が変わった瞬間、日本各地で「新時代」を祝う声が…

この記事は有料記事です。

残り2799文字(全文3141文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院選 投票率は午後4時現在で22.72%
  2. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏
  3. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  4. コトバ解説 「衆議院」と「参議院」の違い
  5. 2019参院選 審判を待つ候補者 比例代表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです