信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【左】修復前の「紙本著色織田信長像」は横方向の折れが顔などに広がっていた。折れが目立つように斜光で撮影【右】豊田市美術館で特別公開される修復後の「紙本著色織田信長像」(長興寺蔵)。本紙の折れが修理された=いずれも豊田市提供
【左】修復前の「紙本著色織田信長像」は横方向の折れが顔などに広がっていた。折れが目立つように斜光で撮影【右】豊田市美術館で特別公開される修復後の「紙本著色織田信長像」(長興寺蔵)。本紙の折れが修理された=いずれも豊田市提供

 織田信長の絵画として最も有名な国の重要文化財「紙本著色(しほんちゃくしょく)織田信長像」は、中国伝来の竹の紙に描かれていたことが修復を担当した文化庁の調査の結果、判明した。桃山時代の絵と紙の関係を知る手がかりとなる。所蔵する長興寺のある愛知県豊田市の市美術館は6月1日から特別公開する。

 信長像の修復は、大阪市立美術館が1944~45年に実施して以来。軸装の肖像画で、裏打ち紙に張り付けた本紙は縦70.2センチ、横31.2センチ。明智光秀による「本能寺の変」翌年の1583(天正11)年、信長の家臣、余語正勝が…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文642文字)

あわせて読みたい

注目の特集