メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開

【左】修復前の「紙本著色織田信長像」は横方向の折れが顔などに広がっていた。折れが目立つように斜光で撮影【右】豊田市美術館で特別公開される修復後の「紙本著色織田信長像」(長興寺蔵)。本紙の折れが修理された=いずれも豊田市提供

 織田信長の絵画として最も有名な国の重要文化財「紙本著色(しほんちゃくしょく)織田信長像」は、中国伝来の竹の紙に描かれていたことが修復を担当した文化庁の調査の結果、判明した。桃山時代の絵と紙の関係を知る手がかりとなる。所蔵する長興寺のある愛知県豊田市の市美術館は6月1日から特別公開する。

 信長像の修復は、大阪市立美術館が1944~45年に実施して以来。軸装の肖像画で、裏打ち紙に張り付けた本紙は縦70.2センチ、横31.2センチ。明智光秀による「本能寺の変」翌年の1583(天正11)年、信長の家臣、余語正勝が…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文642文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  4. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

  5. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです