メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕

 24日午後4時20分ごろ、滋賀県草津市笠山5の名神高速道路上り線草津ジャンクション付近で、観光バスが渋滞の車列に突っ込み、計4台が絡む玉突き事故が起きた。県警によると、成人女性1人が死亡し、女児1人が意識不明の重体となったほか、15人が重軽傷を負った。

 県警はバスを運転していた大阪府八尾市堤町1、運転手、鈴木武容疑者(52)を自動車運転処罰法違反(過失致傷)容疑で現行…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  3. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  4. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  5. 大雨で被害相次ぐ 安城や一宮など 15棟床下浸水 /愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです