メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕

 24日午後4時20分ごろ、滋賀県草津市笠山5の名神高速道路上り線草津ジャンクション付近で、観光バスが渋滞の車列に突っ込み、計4台が絡む玉突き事故が起きた。県警によると、成人女性1人が死亡し、女児1人が意識不明の重体となったほか、15人が重軽傷を負った。

 県警はバスを運転していた大阪府八尾市堤町1、運転手、鈴木武容疑者(52)を自動車運転処罰法違反(過失致傷)容疑で現行…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 九州北部・山口、観測史上最も遅い梅雨入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです