メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

豪州で世界初の相乗り潜水艦、ウーバーが航行

[PR]

 米配車大手ウーバー・テクノロジーズがオーストラリアで、世界初のライドシェア(相乗り)潜水艦を期間限定で航行することになった。北東部沖合にある世界最大のサンゴ礁、グレートバリアリーフを見る水中旅行に利用される(2019年 ロイター)

 [23日 ロイター] - 米配車大手ウーバー・テクノロジーズがオーストラリアで、世界初のライドシェア(相乗り)潜水艦を期間限定で航行することになった。北東部沖合にある世界最大のサンゴ礁、グレートバリアリーフを見る水中旅行に利用される。

 乗客はウーバーのアプリで予約の上、ヘリコプターで近くのヘロン島まで飛んでから、潜水艦に乗り込む。

 期間は5月27日から6月18日まで、潜水艦は2人乗りで、料金は計3000豪ドル(約32万9056円)。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 新たに259人感染 国内計2933人に 東京で最多78人 山形で初確認

  2. 宮藤官九郎さん新型コロナ感染 「まさか自分が、と過信してしまい…」

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  5. 消えた「春開催」 小池知事のあの一言から…東京オリンピック1年延期

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです