メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

豪州で世界初の相乗り潜水艦、ウーバーが航行

 米配車大手ウーバー・テクノロジーズがオーストラリアで、世界初のライドシェア(相乗り)潜水艦を期間限定で航行することになった。北東部沖合にある世界最大のサンゴ礁、グレートバリアリーフを見る水中旅行に利用される(2019年 ロイター)

 [23日 ロイター] - 米配車大手ウーバー・テクノロジーズがオーストラリアで、世界初のライドシェア(相乗り)潜水艦を期間限定で航行することになった。北東部沖合にある世界最大のサンゴ礁、グレートバリアリーフを見る水中旅行に利用される。

     乗客はウーバーのアプリで予約の上、ヘリコプターで近くのヘロン島まで飛んでから、潜水艦に乗り込む。

     期間は5月27日から6月18日まで、潜水艦は2人乗りで、料金は計3000豪ドル(約32万9056円)。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
    2. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束
    3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
    4. HARA 自殺未遂後初のTV出演 KARA時代のヒット曲披露(スポニチ)
    5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです