メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

高級車なんて望んじゃいない! 女性が乗りたくない「カンベンしてよ」なクルマ5つ

情報提供:カートップ

高級車なんて望んじゃいない! 女性が乗りたくない「カンベンしてよ」なクルマ5つ

男性には当たり前でも女性は敏感

 仕事でもプライベートでも、親しい関係でもそうでなくても、男性の愛車に乗せていただくからには、多少のことには目をつむる覚悟を女性はしているものです。だって、やっぱりクルマの移動は便利ですからね。混雑した電車で必死に立つ苦労に比べたら、ゆったり座って行けるなんて天国だし、雨のなかを駅から歩かなくたって、玄関の前までつけてもらえるわけですから、そりゃ少しくらいの“難”はガマンできるのです。

女性が男性のクルマに求めること

 ただし。それでも、ちょっとこれだけはカンベン! というポイントがあることも事実。それは命の危険を感じるものだったり、男性と女性の生理的な違いによるものもあるでしょう。男性からすると、「エッ、そうなの?」と意外に感じることかもしれません。今回はそんな、女性が男性のクルマに乗せてもらう時に求める最低条件を挙げてみたいと思います。

1)整備不良なクルマ

 まず1つ目は、メンテナンスが行き届いていること。どう見ても整備不良の疑いがあるクルマは、乗車を躊躇しますね。タイヤがツルツルだったり、異音がしたり異臭がしたり、用心深い女性ならフロントガラスがひどく汚れているだけでも、「このクルマ(=オトコ)、大丈夫か?」と不安に駆られます。

女性が男性のクルマに求めること

 みんなそこまで深刻には考えていないつもりでも、誰かのクルマに乗るということは、その誰かに命を預けるということですよね。私なら、派手にぶつけた痕跡をそのままにしているクルマも、ちょっと引いてしまいます。普段からそのあたりはちゃんと、メンテナンスしておいて欲しいですね。

女性が男性のクルマに求めること

2)室内が汚いクルマ

 2つめは、清潔感のある室内。男性がよくやりがちなのが、車内で飲んだり食べたりしたゴミをそのまま放置してしまうことではないでしょうか? 通勤で毎日使っているような人は、とくに「明日捨てればいいや」とゴミを溜めがちです。

 以前、助手席のドアを開けたらシートの座面にコンビニの冷やし中華が食べ散らかされていて、ビックリしたことがありました。あれって汁がけっこう残っちゃうので、捨てるに捨てられなかったのかなと同情もしますが、やっぱり印象はサイアクです。ドリンクホルダーを使おうとしたら、その中がガムの紙包みや使った後のティッシュだらけで、鳥肌がたったこともありました。

女性が男性のクルマに求めること

 男性のみなさん、そういうゴミ、車内に溜めてませんか? 急に女性を乗せることになって、慌てて片付けてもダメです。その理由は次のポイントにも繋がるのですが、とにかく、カンペキにとは言いませんから、車内のゴミくらいはマメに片付けましょう。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです