メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

的川博士の銀河教室

549 「はやぶさ2」降下を中断

撮影に成功、作業に遅れなし

 探査機「はやぶさ2」チームは、さる5月15日、小惑星(しょうわくせい)リュウグウ表面からの高度約10メートルをめざして、降下を開始しました。4月に作った人工クレーター付近からサンプルを採取する予備調査のためです。

 「はやぶさ2」は、地球から3億キロ以上も遠くにいるので、地上から指令を出すと、電波が片道17分くらいかかってしまいます。だから表面近くまで行くと、前もって覚えさせているコンピュータープログラムによって、自律的に行動します。今回も自分で判断しながら、計画に沿って降りていたのですが、翌16日、高度50メートルあたりまで降りた時に何らかの異常事態が生じたらしく、「はやぶさ2」は、降下を中止して上昇(じょうしょう)しました。落とす予定だった着陸の目印(ターゲットマーカー)も分離(ぶんり)しませんでした。「はやぶさ2」の状態は正常で、17日の午前中には、すでにホームポジションに戻(もど)っていることを確認しました。

 何が起きたのか、チームでは急いでデータの分析(ぶんせき)を進め、事情が分かりました。「はやぶさ2」…

この記事は有料記事です。

残り926文字(全文1403文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京王線、小田急多摩線が一時運転見合わせ 沿線で火災
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  4. 京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪 第1スタジオ、18日朝はセキュリティー解除
  5. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです