メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

京の旅ゆかしく おたの申します

祇園・花見小路で観光客にマナーアップを呼びかける舞妓ら=東山区で2019年5月14日、川平愛撮影

 「マナーアップ、おたの申します!」。京都を代表する花街の祇園・南側地区で今月14日、地元住民らによる協議会が3カ国語で書かれた啓発グッズを配布した。普段着姿の舞妓(まいこ)も黄色い声を張り上げる。

 軒を連ねるお茶屋や飲食店の大半は常連客向けだが、レンタル着物に身を包んだ外国人観光客たちも、風情ある町並みを歩こうと押し寄せる。数年前からは「店内や民家に無断侵入」「食べ物や吸い殻のポイ捨て」「芸舞妓を強引に引き留めて写真撮影」などのトラブルも急増。防犯カメラの増設やガードマンの配置の他、パトカーが巡回して各国語でアナウンスを流すなど、行政や警察も協力してマナー向上を訴える。

 京都市が年間観光客数の「5000万人構想」を発表したのは2000年。市観光総合調査では08年に目標…

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文921文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」
  3. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  4. Hey! Say! JUMP有岡さん「アイドル界の池上彰さん目指す」 新連載で
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです