メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民放キー局5社

決算 配信好調、4社増収 テレ朝は唯一減収減益

民放キー局5社の営業利益

 民放キー局5社の2018年度の連結決算が、出そろった。

テレビ朝日ホールディングスを除く4社が増収となり、放送番組などのインターネット配信の好調が寄与したとする社が多かった。国内の総広告費に占める地上波テレビ広告の割合は減少傾向にある中、テレ朝は前年度より平均視聴率を伸ばしたものの、5社で唯一の減収減益。若者らの「テレビ離れ」も進んでおり、世帯の視聴率が収益に直結しない課題をうかがわせた。【屋代尚則、松尾知典】

この記事は有料記事です。

残り1987文字(全文2194文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  3. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  4. 愛媛・伊方原発 3号機 特重施設の工事分割 四電、規制委に申請 /徳島
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです