メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊テレビ評

テレビショー型政治どこまで トランプ氏が土俵に上がる日=金平茂紀

 テレビ報道に関わっている人間の一人として、心が重い。4月1日のエイプリルフールの日に発表された「令和」の新元号をめぐるニュースから、5月1日のメーデーに即位された新天皇陛下をめぐるニュースに至るまで、この1カ月あまりは、TVジャーナリズムとしての「思考停止」が続き、「歴史」「世界」を考える視点を遮断した日々だった。そう僕は考えている。そんなことを言うのは少数派かもしれない。奉祝・慶賀ほぼ一色に終始したこの時期のテレビ報道は、これから先の世代によって厳しく検証される日々がやってくるだろうと僕は信じる。いずれのイベントも、テレビショーとして大いに盛り上がり、視聴者によって消費されていった。あとに一体何が残ったのだろうか。

 最新の毎日新聞世論調査によれば、内閣支持率は前回から2ポイント増え43%。支持しないは6ポイント減…

この記事は有料記事です。

残り700文字(全文1063文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  5. 京アニ寄付、義援金として被害者・遺族へ配分 寄付の税制優遇も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです