メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紙芝居

和田氏の足跡紹介 日高高生が原画 幼稚園などに20部 御坊 /和歌山

和歌山県立日高高の生徒が描いた和田勇氏の紙芝居に見入る御坊幼稚園の園児たち=和歌山県御坊市御坊で、山本芳博撮影

 御坊市の名誉市民1号で、東京五輪(1964年)の誘致に尽力した日系2世の米国人、和田勇氏(1907~2001年)を紹介する紙芝居「わだいさむものがたり」が、市内全ての幼稚園や保育所と、市立図書館などに配布された。

 和田氏は米国で生まれ、幼少期の5年間(4~9歳)を父の出身地である名田町(現御坊市)と、母の出身地の由良町で過ごした。その後、米国に戻って食料品店を営み成功。敗戦後…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文475文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 大船渡の163キロ右腕・佐々木はロッテが交渉権 最多4球団が競合

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです